読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガール・パワー 1UP

国内外で発信されている美と健康に関する情報を紹介していきます。

「夜遅くに食べると太る」という神話

f:id:nina7:20170329214823p:plain

 

夜中の食事はよく太ると言われています。遅くても8時以降に食べるのはやめましょう。なんてことを言う人もいます。

ですが、「夜遅くに食べると太る」は嘘のようです。

 

「何を」「どのくらいの量」食べるかが問題であって、人体は24時間を感知して「いつ」食べたから消化を「ちゃんとする」とか、「ちゃんとしない」ということはないそうです。

 

ある研究では、朝に大きな食事をとるグループと、夜に大きな食事をとるグループに分け、体重の増減を比べています。両グループとも、1日の摂取カロリーは同じです。

すると結果は、夜に大きな食事をとったグループの方が体重が減少した。ということでした。

もちろんこの研究は夜にたくさん食べろと言っているのではなく、1日の食べる量が変わらなければ、夜に食べても朝に食べても違いはないよ。ってことです。

 

この「夜遅くに食べると太る」神話はそもそも「夜遅くにお菓子やなんやらを食べてる人のイメージ=太っている」というところが発端なだけなのではないかと。そういう人は昼間も昼間でガツガツ食べているので、結局それ故に太っているだけなんじゃないかと。

 

夜遅くに食べても大丈夫と言われて、ホッとした方。

もし昼間の摂取カロリーが通常通りなのであれば、安心してはいけません。結局のところ、余計なカロリー摂取をしているという点が問題なのであって、夜食べているという事実はどうでも良いだけなので。

 

読者になって頂けたら嬉しいです!

 

 

今回参考にさせて頂いたのは、下記のサイトです。