読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガール・パワー 1UP

国内外で発信されている美と健康に関する情報を紹介していきます。

簡単にできるストレス対処法5つ

image  

簡単にできるストレス対処法を発見したので、いくつか紹介します。

こちらで見つけました。

9 realistic ways to relax when you're stressed

 

目次

 

以前、↓こんな記事を書いたのですが、「思い出し鬱」にも効きそうな対処法です。

人によって効果の高い方法もあれば、そうでないものもあるかと思うので、6つすべて実行しなきゃいけないというよりは、一番効果のあるものを見つけるのが良いです。

やっぱり鬱になりやすい方は完璧主義が多いと聞くので、6つあれば6つこなそうとするのではないかと思いまして・・・。

 


ストレス対処法① オレンジを食べる。

柑橘系はリナロールという成分が入っていて、これがストレスを軽減すると言われているようです。2009年にラットを使った実験でもそれが実証されたとか。

 

ストレス対処法② 手首を冷たい水で洗う。

手首と耳の裏は太い血管が流れているので、冷やすことによって、体もリラックスできるそう。手首と耳の裏と言えば、香水をつける箇所ですよね。何かリラックスが出来る香りがあれば、冷たい水で濡らした後に、香水をつけると更に良い効果がありそう。

 

ストレス対処法③ 何も考えずに、繰り返しする作業を見つける。

皿洗い、編み物、庭仕事・・・。頭を空にして手を動かすって大事みたいです。確かに、単純作業は楽しいし、終わるとすっきりした気分になります。

 

ストレス対処法④ スタバで深呼吸。

コーヒーの香りはストレスホルモンを和らげる効果があるようです。毎朝コーヒーの香りを嗅ぐだけでもすっきりしますよね。

 

ストレス対処法⑤ バブロフの犬になれ。

パブロフの犬のように、瞬発的に反応してリラックスできるものを見つけましょう。好きなアニメのキャラクターを壁紙にするのは一つのアイディアですね。あとは、勝手なジンクスも良いかと思います。例えば、「早朝に渋谷のスタバでコーヒーを一杯飲んでから仕事をすると良いことがある。」とか。

 

おまけ ストレスとか、鬱って何か?

たまたまなのですが、ノーベル平和賞を受賞した方と直接話をしたことがあって、社会問題になっている鬱の話をしました。その人曰く、「「自分はこうなりたい。」「こうでありたい。」という気持ちが強くなり、一方で、「現状の自分がその理想に届かなくなってしまうことを嘆き始めると、鬱という症状になるんだと思う。」と。

それでも、その人は「自分のやりたいことをやりなさい。」「仕事は自分で作るもの。雇ってくれる誰かを探すことではない。」と。

私自身は鬱になったことがないのですが、身近な人間でそういう人がいたので、涙ぐみながら話を聞いた記憶があります。

働くことって、人生の大半を占めます。その環境次第で心の健康状態は左右されることが多いのでしょう。自分のやりたいことをやって生活収入を得るというのは随分贅沢な話と思われがちですが、高収入を獲得しようとしなければ意外と出来るのかもしれません。

 

読者になって頂けたら嬉しいです!