読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガール・パワー 1UP

国内外で発信されている美と健康に関する情報を紹介していきます。

甘い匂いのする男性の不思議 注:恋愛ではなく科学の話です。

恋愛

f:id:nina7:20160603104317p:plain

私の好きなタイプの男性(唐突)

私はバニラのような、ミルクのような、あま〜い匂いのする男性が好きです。その匂いがする人は好きになってしまいそうなので、注意が必要です。いや、結構本気で気をつけないと、容姿とか全く関係なく、好きになってしまうんです・・・。

香水とかじゃないんです。体臭がミルクみたいに甘い男性がいるんですよ。街中を歩いていても、匂いに気づくとキョロキョロと探してしまうほど。

 

「何の話?」

これを聞いて「何の話?」ってなる方は、世の中に約66.6666....%以上います。

「わかるわかる!」ってなる方は、世の中に33.3333....%以下しかいません。

実は、他人の体臭をどう感じ取るかは、その人の遺伝子によって異なることがわかっているんです。通常、万人にとって、バニラはバニラの香りがしますし、うんちはうんちの香りがします。

人の体臭だけは違うんです!

 

どうやら汗に含まれるアンドロステノンに反応しているらしい

人の汗に含まれるアンドロステノンが匂いの原因なのですが、その匂いを嗅ぎ取ることが出来る人は成人男性で40%。成人女性で60%と言われています。

更に、その匂いを嗅ぎ取ることが出来、尚且つ、良い匂いと感じる人は遺伝子上の二箇所にSNPsというものが存在している人に限られるそう。

 

アンドロステノンへの反応は OR7D4 と呼ばれる嗅覚受容体遺伝子の配列と大きく相関し、一般的な配列を持つ人にとってアンドロステロンは不快臭である一方、遺伝子上の2箇所にSNPsが存在する人とってはあまり不快でなく、ときにはバニラの匂いのようにも感じるとされる。(Wikipediaより)

 

今は感知できなくても、繰り返しこのアンドロステノンというやつに何度も出くわすことによって発症するパターンもあるみたい。私自身、20代後半くらいからこの匂いを感知するようになりました。

 

科学的に性的誘因物質としては認定されていない

めちゃくちゃ甘い香りのアンドロステノンに私はときめくワケなんですが、科学的には示されていないそうです。

 

女性でもナチュラルに甘い香りの人がいるということ?

そうではないらしい。男性の方がアンドロステノンの分泌量が多いそうで。女性は香水で我慢しましょう。(しかも人によっては汗臭いと思う人が多数なわけですから・・・)

 

匂いの放出者ではなく、受取り手の話 

匂いを出す側ではなくて、匂いを嗅ぐ人間の遺伝子によって、匂いが変わるという不思議な話でした。

今の旦那もそうですが、めちゃくちゃ良い香りがするので、私に取って、洗濯していないTシャツは甘い香りのパラダイスです(笑)ほんとに。

ただ不思議なのは、汗臭い匂いも感知するんです。汗クサイ人はクサイ。謎。

共感して頂ける方がいたら嬉しいです。中々見つかりません。

 

 

その他、こちらの記事を参考にさせて頂きました。

https://www.sciencedaily.com/releases/2007/09/070916143523.htm

  

読者になって頂けたら嬉しいです!