読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガール・パワー 1UP

国内外で発信されている美と健康に関する情報を紹介していきます。

日本のボディーソープは泡立ち重視?

f:id:nina7:20160422173138p:plain

 

FMCG(日用消費材:洗剤、化粧品、シャンプー、食品・・・)によく見られるマーケティングを比べてみるのって面白いです。

 

例えば有名なのは、メーカー1社が多くの洗濯用洗剤ブランドを抱える理由。

飽きっぽい消費者は新しい商品、買ったことのないブランドを手に取りたがるので、メーカーは出来るだけバラエティ豊かなブランドを作って、棚を埋めます。

結果として消費者は気分転換に新しいブランドを手に取っても、結局ふたを開ければ同じメーカーの商品を取っていることになるのです。

 

最近面白いと思ったマーケティングは、ボディソープ。

フランスはクリームタイプのボディソープが多くて、ほぼ泡立ちません。日本人よりもより乾燥を気にするので、泡々したものより保湿クリームっぽいボディソープが売れるみたいです。

f:id:nina7:20160422171612p:plain

 

はじめ、全く泡が立たないので驚きますが、慣れるとシャワー後も肌がしっとりするので悪くないです。

一方日本は泡で出てくるタイプも多いですよね。上下の写真は同じDoveですが、下の日本向けは泡推しです。

 

f:id:nina7:20160422171946p:plain

 

よくマーケティングでは「消費者が本当に買っているものは何かを見極めろ」と言いますが、日本人はボディーソープを通じて「体を綺麗にする」「泡」「香り」を買っているのかもしれない。

日本のボディーソープにも保湿、モイスチャーケアと書いてあるものが増えていますが、それであればクリームタイプの方が断然良いはず。

今はボディーソープが泡立たないと不安になる人も多いのかもしれませんが、近い将来、日本の棚にも泡立ちが悪い保湿重視のボディーソープが並んでいる日が来てもおかしくなさそうです。

 

読者になって頂けたら嬉しいです!